pagetop

港都KOBE芸術祭|神戸開港150年記念、神戸、芸術、アートの祭典

EVENTイベント

HOME > プレイベント > ふねをつくって学ぼう!神戸のうみ・やま・みなと
神戸開港150年記念 港都KOBE芸術祭 30日前プレイベント
「ふねをつくって学ぼう!神戸のうみ・やま・みなと」

多数のご参加ありがとうございました。

神戸港や神戸空港島を舞台にした港都KOBE芸術祭の開催30日前を記念するプレイベントとして、マルナカ工作所、Kobeもりの木プロジェクトとの共催で、「ふねをつくって学ぼう!神戸のうみ・やま・みなと」と題したトークイベントとワークショップを行います。

【日 時】
2017年8月20日(日)13時00分~16時00分

【場 所】
マルナカ工作所(神戸市兵庫区西出町1丁目2−8)
>>地図はこちら

【内 容】
 神戸港の礎となった兵庫津において、50年以上船大工として活躍されたマルナカ工作所の元社長、中田武治氏をお招きし、船大工の仕事や実際に使用する道具などについて学びます。ものだけでなく様々な文化を神戸に運んできた「ふね」のお話を通じて、神戸の港の魅力を伝えます。
また、SHARE WOODS 山崎正夫氏からは、六甲山間伐材についてお話をいただき、間伐材で「ふね」を作るワークショップを行います。「神戸のうみ・やま・みなと」について一緒に学びましょう!


【第一部(13時00分~14時00分):トークイベント】
・ふね・みなと・船大工さんのお仕事について
・どうやって使うの?船大工さんの道具を見てみよう


【第二部(14時30分~16時00分):六甲山間伐材を用いた動く小型船のおもちゃづくり】
・間伐材についてのお話
・木製小型船づくりワークショップ


【講 師】
マルナカ工作所 元社長 中田 武治
SHARE WOODS 山崎 正夫

港都KOBE芸術祭プレイベント|港都KOBE芸術祭
ふねをつくって学ぼう!神戸のうみ・やま・みなと

【参加費】
1,000円(小学生1名1隻につき)

【対 象】
小学生 先着15名 (※必ず保護者同伴でお願い致します。)
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

【主催・共催】
主催:港都KOBE芸術祭実行委員会、神戸市
共催:マルナカ工作所、Kobeもりの木プロジェクト

【お申込方法】

申 込 先
下記フォームに必要事項をご入力後「送信」してください。
お申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みありがとうございました。

応募締切
※先着順 定員になり次第締め切ります。

問い合わせ先
神戸市市民参画推進局文化交流課 TEL 078-322-6598
主催 港都KOBE芸術祭実行委員会