pagetop

港都KOBE芸術祭|神戸開港150年記念、神戸、芸術、アートの祭典

ART WORKS / ARTISTS作品・出展作家

HOME > 作品・出展作家 > 于 向 溟
移動的辺界
移動的辺界Moving Boundaries
現在の我々は海に浮いている帆の後ろに隠れる影のようである。同じ海に浮き、境遇は同じでありながら、孤立で無援である。交差するロープは束縛である一方、航海を保障するものでもある。波に叩かれ、移動は絶えない。その衝突は国界を破り、交流であり、振動でもある。様々な矛盾の中で、我々は人と人の衝突、文化と文化の衝突の中を航行している。その中、持続的に有限視野を持つ観察を通して、広大な外部世界を想像し続ける。“時を刻み、豊かな広がりへ”に対する物化的な表現である。
作品展示場所
19

神戸ポートターミナル
ホール

>>アクセス
于 向 溟Yú xiàng míng
1974年中国生まれ、1996年天津美術学院卒業。卒業後、ニュージーランドに留学。長年にわたり海外の文化プロジェクトを主宰する。帰国後は、芸術関係機関の顧問に就任、現代美術に関わる展覧会のプロデュースを数多く手掛けてきた。作品は国内外の芸術機関に収蔵され、現在も多岐にわたって精力的に活躍を続けている作家である。