pagetop

港都KOBE芸術祭|神戸開港150年記念、神戸、芸術、アートの祭典

ART WORKS / ARTISTS作品・出展作家

HOME > 作品・出展作家 > 林 勇気
times_tower

画像はNO ARCHITECTSによるラフスケッチ

times_tower(神戸ポートターミナルホール)
2017
ビデオ、モニター、プロジェクター、建材、他
高さ5mのモニターの塔を建設する。今はほとんど使用されなくなったブラウン管のモニターが、自動的に規則的に電源がオン/オフされる事で時を刻む。全てのモニターが故障した時に作品は完成する。
設計協力:NO ARCHITECTS
作品展示場所
15

神戸ポートターミナル
ホール

>>アクセス
times_tower
Atom(ポートライナー神戸空港駅会議室)
2017
ビデオ、プロジェクター、モニター
デジタル画像の最も細分化された状態の1ピクセルに物理的な環境や条件を与えて、それらのふるまいを映像作品にした。雪や波などのように動き、時には静止をして、原初的で未来的な像を描く
作品展示場所
20

ポートライナー神戸空港駅

>>アクセス
林 勇気
1997年より映像作品の制作を始める。兵庫県在住。国内を始め海外の美術展や映画祭に出品。自身で撮影した膨大な量の写真をコンピュータに取り込み、切り抜き重ね合わせることでアニメーションを作る。その制作のプロセスと映像イメージは、デジタルメディアやインターネットを介して行われる現代的なコミュニケーションや記憶のあり方を想起させる。