pagetop

港都KOBE芸術祭|神戸開港150年記念、神戸、芸術、アートの祭典

ABOUT開催概要

HOME > 開催概要

開催概要

事業名称
神戸開港150年記念 「港都KOBE芸術祭」

開催テーマ
「時を刻み、豊かな広がりへ」

会期
2017(平成29)年9月16日(土)~10月15日(日)(30日間)

会場
神戸港、神戸空港島

事業展開
“神戸港”という神戸最大の魅力資源を活かした会場展開。
神戸港を象徴する港湾施設等に展示された出展作家のアート作品を、アート鑑賞船に乗船していただいて、神戸のまち並みと六甲の山並みを背景に、鑑賞しながら楽しんでいただきます。
ポートライナー沿線にあって、神戸港の“玄関口”となっている各ターミナル施設を会場にして作品を展示します。

事業費
約1億円

主催
港都KOBE芸術祭実行委員会、神戸市

目標来場者数
15万人

入場料
無料。ただし、アート鑑賞船は有料。

支援
平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」
(企業メセナ協議会2021 Arts Fund)

後援
兵庫県
朝日新聞社、朝日放送、関西テレビ放送、産経新聞神戸総局、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞神戸総局、読売テレビ(50音順)

認証
beyond2020プログラム

会場(作品の設置場所)

2017年3月19日現時点のものです。今後、変更される場合があります。

会場
会場 アート鑑賞船から鑑賞できる作品設置場所(このうち印については、徒歩でも行くことができる屋外の設置場所です。)
会場 ポートライナーの最寄駅からアクセスできる作品設置場所
会場 その他の作品設置場所
会場 アート鑑賞船運行ルート